YZF-R1 2020

2020.10.22 Thursday

0

    今日、新型車が入庫しました

     

    2020 YZF-R1

     

    完全フライバイになったのとEBコントロールがメーターで設定できる。

     

    顔つきが少し変わりました!

     

    ちょっと段ボールが乱雑ですねww

     

     

    S様 ご成約ありがとうございました。

     

     

    はい、うちで新車と言えば!

     

    もちろん、ステムはバラしますよ(笑)

     

    SPL分解整備後にご納車させて頂きます。

     

     

    2020 YZF-R1 黒 が12月に入る枠で販売できる枠がまだ少しありますよ。

     

    お探しの方はお問い合わせください。

     

    鈴鹿フルコース 走行会のお知らせ!!

    2020.10.08 Thursday

    0

      JUGEMテーマ:車/バイク

      今年のBS走行会は、社会情勢的に残念ながら中止となりました。

       

       

      がが、が、なんと、

       

      代わりに同日の11月10日に

       


      当店・K-maxさん・MFDさんと合同で『鈴鹿フルコース走行会』を開催する運びとなりました。

      <場所>    鈴鹿サーキット(フルコース)

      <開催日>   2020年11月10日 (火曜日)

      <走行枠>   25分 × 2本  

       

      <走行時間>  11:30〜13:00  14:30〜16:00

      <参加費>   ¥22,000(税込み)(サーキット保険代、サーキット入場料も含まれています。)

      <クラス分け> 上級・中級・初級(初参加も可)

      <車輌>バイクは250cc以上(スクーターを除く)とさせていただきます。

      *排気量400cc以下の場合は初心者クラス及び初走行クラスとなります。タイプは何でもOKです。
      モタードでもツアラーでもなんでもOKです。

      <参加資格>
      二輪中型免許取得者、20歳以上
      とさせていただきます。 

      <装備>
      フルフェイスヘルメット、グローブ、ブーツ、革ツナギ(革のセパレート可*注意)

       

       

      スケジュールは暫定ですが、午前と午後に分けますので朝もそんなに早くない!?

      もちろんですが、タイヤメーカーの縛りはございません。

      また、先着順で4台ですが、当店からトラックで現地まで車両運搬サービスを行います。

       

      上記の搬送サービスは9/22時点で4台の枠が埋まりましたので定員となりました。

      当店から鈴鹿までの往復で、1台¥11,000-(税込み)

      事前に当店まで車両搬入頂くか別途ご自宅までお引き取り(当店より20匏内¥8,800-)でのご対応となります。

      納車は別途¥8,800-となります。

      *バイクガレージをご契約のお客様は鍵のお預かりでOKですよ〜

       

      当日は、ご自身のお車で装備を持って『鈴鹿サーキット』までお越しください。
       

       


      また、プロカメラマンが走行写真の撮影をしてくれるサービスも検討中です(無料で申し込み不要)
       

       


      今年は、各走行会が中止になっていますが、当日は感染予防対策をしっかりとしブリーフィング等は屋外で開催する予定です。

      それでは、皆様の参加をお待ちしております。

       

       

       

       

      エントリー用紙はこちらからダウンロードできます。

       

       

      若干名の空きがまだありますが、10月25日を締め切りとさせて頂きますので

       

      ご検討中の方はお早めにお申し込みください。

       

       

       

      随時追記する事もありますので要チェックですよ〜

       

       

      と、その前に

      2020.09.12 Saturday

      0

        改めて 

         

        ツーリング行きましょう!

         

        題して

         

        『ソーシャルディスタンス・ツーリング』

         

         

        はい、バイク降りても一定の距離間は保ってくださいね。

         

         

        日程:10月4日(日)日帰り

         

        行先:三重方面

         

            ランチは鰻です!!

         

         

        集合時間は

         

        京都組 店前にAM7:00  

         

        第2集合ポイント 

         

                AM8:00   R422 沿い  セブンイレブン 信楽町中野店

          

         

        ルートはこんな感じです(笑)  

            

         

        スケジュール調整可能な方はご参加お待ちしております。

         

         

         

        すみません。告知が遅くて・・・

        レストア業務

        2020.08.31 Monday

        0

          最近要望の多いメーター修理


          油冷機でもメーター軸部のグリス切れによる針触れからの針折れ


          針触れしだしたらO/hのサインです。


          STACKやaim等のデジタルメーターのご依頼も良く受けますが、

          ノーマルメーターのリビルドもお受けできます。




          当店の中古車販売の考え方

          2020.08.23 Sunday

          0

            中古車と言っても、お店に寄り様々な形態で売られています。

             

            高年式、低走行車両であればさほど整備をせずもタイヤや消耗品等を交換すればそれほど大きなトラブルは起きません。

             

            また、いわゆる旧車というジャンル(1980年以前)の車両はきちんとレストアしそれ相応の価格で販売させて頂く事を

            前提にしております。

             

            先日、納車させて頂いた1978 Z1-R

             

             

            では1990年代の車両はどうかと言いますと、これまたレストア要素が強い整備内容になります。地味なところでは

            カウルステー類のリペイントや外装コンディションによりこちらもリペイント、

             

            また機関に関しては、特に油冷機ではほとんどの車両でヘッドカバーは一度外し、カム山の状態のチェックやタペット

            クリアランスの調整及びパッキン交換等、

             

            またキャブレターは4連バラし、Oリング類全交換、同調調整。

             

            今回は廃盤部品のアイドラーも交換

             

            それだけではなく必要があれば、前後サス(再メッキすることもしばしば)やリンクメンテ、ステムベアリング

            の交換まで施します。

             

             

            明らかに、片側のみ過去にO/Hされた痕跡が・・・オイルの汚れ方に差がありますね。

             

             

            タイヤ交換時にはゴムカスの清掃はもちろん、単体でのバランス取りも合わせて施工

             

             

             

            グリスっ気はほぼ無し・・・

             

             

             

             

             

            キャリパーのメンテナンスは、車検時同様ですので納車整備費用に含みます。

            これも、必要があればシール交換・マスターO/Hまで。

             

             

             

             

            もちろん油脂類は全交換、消耗品交換や可動部分のグリスアップも含め車両代に含みます。

             

             

            勢いあまってスイング外すこともしばしばww

             

            ですので販売価格は一般市場に比べて高めにならざるを得ません。

            これは昨今の市場仕入れ価格の高騰(タマ数の減少)にも左右されます。

             

             

            それでは、2000年代の車両であれば何もせず販売できるか?というと、これまたおおよそ20年経過していますので、

            こちらも各ベアリングのチェックやサスペンションの状態によりO/h、消耗部品の必要性があれば交換後に

            ご納車させて頂いております。

             

             

             

             

            また、全車でバッテリー(GS/YUASA製)交換、油脂類は全交換、タイヤも溝があっても製造が古い車両は新品に交換等、

            お客様に安心して乗って頂きたいのでそこまでしてでも販売します。

             

             

            ただ、タイヤやオイル類はご要望があれば、別途差額分の費用は頂きますが、ランクアップする事も可能です。

             

            と、長々と書きましたが

             

            『少しでも不安なく乗りたい。きちんと整備された車両に乗りたい』

             

            という、お客様へ買って頂きたいと思っております。

             

             

            ここまできちんとメンテされた車両に乗ってみて、不満がでるところをカスタムするのもまた一つです。

             

            もちろん、最初からここはあかんよね!というところは納車整備時に合わせてカスタム依頼される方も多々いらっしゃるので、ご相談ください。