TKレプリカ

2018.05.10 Thursday

0

    最近のM



    Team KAGAYAMA レプリカ製作

    と言ってもカウルは本物ですが……

    8耐用カウルをストリート用に改良し、テールカウルはクレバーウルフ製のストリート用をチョイス



    もちろん、ゼッケンは光る様に製作してます。8耐で使うのと同じ物です。

    若いオーナーさんですが、凄い!

    次は足回りですね。


    ちなみにヘルメットは、芳賀紀行選手の8耐レプリカ!!

    これも、うちでペイントの段取りさせて貰いました

    K-maxさんまで出向き、本物からトレースさせて貰いました。
    芳賀健輔さんありがとうございました!


    新旧GSX-Rのことならなんなりと(笑)

    GSX-R1000 オールペン

    2015.08.06 Thursday

    0
      8耐前にお預かりしていたGSX-R1000L2

      ヨシムラさんの’12のカラーリングを蛍光オレンジで

      オールペンしてみました。








      ちなみにこのカウル

      本家が使っている物と同タイプで、アッパー&アンダーは2P構造です。

      サイドの窪み部分が塗装屋泣かせです。

      ミラータイプで製作したステッカーも貼りにくいこと・・・

      アンダーはまだ寂しい感じですが、とりあえずうちのロゴだけ貼ってみました。






      週末のFUN&RUN楽しんで来てくださいねぇ〜
       

      祝、ご納車!

      2015.04.05 Sunday

      0
        ビッグスクーターからの乗り換えで、SSに乗りたいとのご相談

        最初はリッターという話も出ましたが、とりあえず600クラスでとご提案

        でも、SUZUKIには750という選択肢があります。

        元々、GSX-R600は750のスケールダウン版なので、750の方がバランスが良いのです。

        そんなこんなで、予算もあるので中古車を探させて頂いて

        GSX-R750L1




        うちのステッカーを張る場所を悩んだ挙句、一番目立つところに・・・
        宣伝よろしくね。



        納車日に記念撮影!

        すごいぞ、若者!!

        バイクライフをエンジョイして下さい。

        メンテナンスも忘れずねぇ〜

        お買い上げありがとうございました。


        中古車販売も得意なMでした。

         

        バイクがある風景

        2014.07.14 Monday

        0
          先日、お客さんの所へ納車へ

          あまりにも画になっていたので





          京都市内のど真ん中

          ちょっと雰囲気あってよろしおす。


          最近、外車が増えつつあるMでした。


          追記
          galopine et galopin 

          今更ながら、お店の名前を知ったという事実・・・(笑)

          紅一点

          2012.12.07 Friday

          0
             もう、真冬やね

            雪が積もるとね、あのシーズンです。


            そんなことはさておき



            今日は、元気なお客様のご紹介


            Goose250を駆るMさん

            今年の夏には、一人で北海道ツーリングに行く位アクティブな娘さん。

            ロングツーに向けて、純正のスペアレバーに切り込み入れて、先だけ折れるように細工。

            数本持っていくも


            クラッチレバーのスペアを使いきったのは内緒にしときます(笑)


            帰京後またもちょいゴケ・・・

            折れない心はスゴイよ!


            ラジアルブレーキマスターに変更し、優しいブレーキフィールへと改善

            これで、立ちゴケし難くなると良いです。

            &クラッチレバーを可等式の物(探しまくりました)へ交換。


            そんなカスタムもありかと・・・





            先日、飛行機に乗った際にあまりに空が綺麗やったのでパチリ


            ちっちゃく月が写ってます。

            GSX400R TT-F3

            2010.09.23 Thursday

            0
              やっと完成しました。

              ほとんどレストアの域

              作業伝票がなんと9枚

              いやぁ、部品が出ないってなんて不便なんやろか!?

              そんなバイクが多いやんって突っ込まないね。



              スパウトホイールは、実はENKEI製だったのです。

              当時、国内でバイク用ホイールってハヤシかBEET位?

              マフラー綺麗過ぎて、錆させられへんね




              アンダーカウルもあるのですが、装着前写真です。




              カウルのフィッティングが当時物(爆)

              今のカウルは良くできてるよ、ほんまに。




              拘りのハンドル回り

              この雰囲気が’80s

              試乗しましたが、テンション上がります(笑)




              デジタル表記が時代にマッチしていない!?

              公道走るためにはスピードメーターいります。

              拘りすぎて、この部分は完全に赤字・・・




              いよいよ明日納車。

              街で見かけたら話掛けてみて下さい、気さくなオーナーさんが応えてくれると
              思いますよ。

              Z1 オーナー様 大喜び

              2010.05.22 Saturday

              0
                ここんとこ、ブログのネタになっていたZ1

                今週はじめに納車させて頂きました。



                今回のオーダーは元々、ベース車探しからフルカスタムまでという予定でしたが、
                今の市場がべらぼうに高いので、そこそこ出来上がってる車両を仕入れ手直し
                をして納車させて頂く方法に変更になりました。

                ベース車選択もなかなか難しく、他機種の足回りなどが組んである車両は割と
                多いのですが、下手な加工がしてあったりで手間掛かる物が多いので却下

                程良く、マグホイールやら社外Sアーム、削り出しのステム等が装着された状態で
                うちにやってきました・・・が・・・

                やっぱり、ホイールセンター&チェーンラインは出てないんよ・・・

                で、前後のホイールカラーからホイールのハブまで全て作り直し。



                サスの基本セット出しでかなりまともに乗れる仕様になりました。

                エンジンはヘッドからのノイズが多く、ワイセコのピストンは組んだあったものの
                ヘッド周辺は手つかず



                バルブガイド製作・入れ替えからヨシムラの軽量リテーナー&カム、インナーシム式
                のタペットに、ヘッド周りはほぼ新品の状態に手直し。

                ここまで手を掛けるとさすがに30年前のエンジンレスポンスは激変します。

                オーナーさんも大喜びで、なんでっかこれ〜みたいな・・・

                でもいざ乗るとブレーキの効きがいまいちとか、その他にもいろいろ不満が出てきます。

                サーキット走るわけでもないので、そんなにいいブレーキはいらんやんとか思ったそこのあなた!

                若い頃みたいに無茶できる訳でもないので、安全に止まれたり、走ったり出来るように
                お金を掛けるのです。

                いわゆる大人買いっちゅうものでっせ。

                そんなこんなで更なるバージョンUPを遂げそうなZでした。

                最南端RK

                2010.04.09 Friday

                0
                  先日から作業していた、GSX-R750RKのSアーム換装完成しました。

                  タイトル通り、日本最南端で乗っておられたRKです。

                  最近京都に越してこられて、うちにご依頼頂きました。




                  今回のメインディッシュ


                  後期水冷750用スイングアームを移植

                  ピボット径は違うし、ホイールセンターの位置も全然違います。

                  今回も作り物&加工のオンパレード

                  狙いは、短すぎるSTDアームより若干長い物をチョイスし、
                  今後ステムオフセット変更も踏まえて先にリアに着手。

                  最終的に、Rサスのセッティングも変更して現代風な乗り味に変化させます。


                  現状のフロント、定番のブレンボローターは既に装着済み

                  抜群の制動力を発揮します。

                  このローターも今や入手不可ですので貴重品になりつつありますね。

                  アウターローターはリペアが出るのでしばらくは大丈夫そうですが・・・



                  オーナー様のご要望に応えられるよう全力でお力添えさせて頂きます。

                  今後の発展が楽しみな一台ですね。

                  スポーツシングル

                  2009.11.20 Friday

                  0
                    ここ最近、外人さんとメールのやり取りをして英語をもっと勉強しておくべきだったと、痛感している店主です。

                    なんでも、RC30がどうしても欲しいとの事・・・

                    最初は丁重にお断りしたんですがね。

                    レースで海外にバイクは送った事があるのですが、商売で送ると関税やら必要書類が変わるので全くのド素人状態(汗)

                    やっと来週には送金してくるそうなので、そうなるとRC30は海外に移住です。


                    いやはやネットって凄いですね!!




                    で、今宵はお客様のバイク紹介

                    うちに来店されるのはほとんどが4気筒エンジン車

                    そんな中、GOOSE350は4〜5台のお客様がおられます。ってまたスズキ

                    シングル車独特のコーナリングスピードを楽しめる独創的なマシンです。


                    そんなGOOSEですが、ここまでやってもたって感じの↓




                    エンジンはSOHCの鍛造ピストン&アルミシリンダー(メッキ加工)
                    ポート研磨・ヨシムラST2カム(WPC処理)・強化バルブスプリング、チタンリテーナー・750RK用アジャストナット(チタン)・強化クラッチ・フライホイール軽量バランス取り・クランク芯出し・高精度ベアリング・FCR39バワフィル仕様・ヨシムラチタンサイクロン・ウオタニSP2フルキット(特注マップに変更)・オイルクーラー・各部チタンボルト



                    フロント
                    RGV-γSPサス(オクムラのスプリング、インナー=黒チタンコート・アウター=カシマコート) ブレンボラジアルマスター・4ポット4パットキャリパー・ワンオフサポート・Wディスク化・PLUSμ特注インナーローター・チタンフローティングピン、Earl'Sブレーキホース・テクノマグネシオマグホイール ・各部チタンボルト

                    リア
                    オーリンズサス・Earl'Sブレーキホース・ブレンボ2ポット・キャリパーサポート・ワンオフトルクロッド・ブレーキング社製ディスク・ピボット貫通シャフト・テクノマグネシオマグホイール・DIDチェーン・アファムスプロケ ・各部チタンボルト




                    マルチリフレクターヘッドランプ・HIDバルブキット・ガルクラフト製カウル(加工装着)・カウルステーワンオフ(トップブリッジステーにはベアリングを挿入)・ヨシムラトップブリッジ・ワンオフサイドカバー・ヒールプレート・ヨシムラバックステップ・LEDテールランプ・シングルシートカバー
                    オールペイント(m-techオリジナルブルー)


                    最初にカスタム(改善)しだしたのは、かれこれ10年近く前になりますかね!?

                    止まる・曲がる・走るをここまで追求した結果、量産車とは比べ物にならない程の

                    スーパースポーツシングルマシンに仕立て上げる事ができました。

                    この仕様になるまで、幾つもの試行錯誤を繰り返し現在も進化し続けています

                    ちょっと前のこの画像ですら使っていないパーツがある位ですから。

                    オーナー様の並々ならぬ拘りを感じます。



                    そんな拘りのマシン、おひとつどうどす〜楽しい



                    いやいやここまではたらーっっていう依頼ももちろん喜んでお引き受け致します。



                    Z1000R

                    2009.11.19 Thursday

                    0
                      ここ最近ちょいちょいブログに登場していたこのバイク


                      Z1000R1

                      言わずと知れた、80年代のAMAスーパーバイクを象徴するマシン

                      E,ローソンがチャンピオンになった有名なバイク

                      の、記念モデルで限定1000台の販売。でも当時はあんまり売れなかったらしい

                      最後にはこれ買ったらAR50も付いてきたなんて、ほんまかうそかわからんエピソードもあり

                      そんな貴重なローソンレプリカですが、現オーナーさんは総走行距離の大半は峠へ

                      タイヤも年1回、多いときは2回交換。メンテの頻度も半端なく多い
                      (激しい走りしてるから、ある意味仕方ない)

                      今も大事に、そしてガンガン走ってはります。

                      なので2代目のオーナーである店主は、未だにこの子と戯れています。

                      今日も今日とてFスプロケ締めるのにRブレーキ踏んだら、なぜかフルード漏れ・・・

                      ロッキードのキャリパーはエア抜きが実にややこしい

                      せっかくワイヤリングしたのに・・・




                      そんなこんなで、本日完成



                      先日のただの長さ調整棒も立派なトルクロッドに見えるっしょ

                      で、傷が入ったウィンカー換えて終了?ウィンカー点きません??右も左も!?

                      またしても、試されてます・・・

                      はっはっ〜ん、まだやるか!?

                      そんな時は、基本中の基本、ヒューズボックス開けて・はい正解!!

                      懐かしきガラス管フューズが外れてました。


                      なんだかんだ挑戦されながら、未だに作業できて勉強させて貰えているのも素晴らしい事です。

                      感謝!




                      業務連絡です。

                      昨日、問い合わせ頂いたZRX1100のオーナー様
                      メールがエラーで戻ってきます。今一度ご確認下さい。
                      若しくは、電話にてお問い合わせ下さい。
                      現車見ていないので推測になりますが、修理は可能です。