””謹賀新年”” 

2020.01.06 Monday

0

    皆さま、新年あけましておめでとうございます。

     

    本年もどうぞよろしくお願い致します。

     

     

    あっという間にお正月休みも終わり、本日より通常営業です。

     

     

    毎年恒例のカレンダーもまだまだ残っております。

     

     

     

     

    年末に告知致しました、『BATTLAXPROSHOP表彰記念セール』開催の告知です。

     

    下記期間中にBSタイヤ前後をご注文頂き、当店で交換作業をさせて頂くお客様へ

     

    エアバルブを無償交換させて頂きます。(社外ホイール含む!!

     

    地味ながら、重要な部品で日頃から交換を推奨していますが、まだまだ浸透していないので

     

    この機会に交換しましょう!!

     

     

    対象車種  250cc以上のオンロード車

     

    開催期間 2020年1月6日より 2020年2月末日までにご注文頂いた方

     

     

    注・社外ホイールの方は受注後エアバルブを取寄せますので事前にお申込みください。

     

     

    また、同時開催でホイールの交換を検討中の方

     

    マルケジーニ・JB・OZ・GALESPEED の4メーカーのホイールとBSタイヤ同時購入で、

     

    な・なんとタイヤ代20%OFF SALE

     

    こちらは3月末日までのご注文とさせて頂きます。

     

     

     

     

    バトラックスプロショップ表彰式

    2019.12.21 Saturday

    0

      今年度の目標であった

       

      BATLLAX PRO SHOPの年間ランキング

       

      トップになる‼

       

      まぁ、大大的に言ってた訳ではないので

      内々の話しですが…

       

       

       

      見事全国1位の表彰を受けました。

       

      他店舗展開のお店さんと競い合えるポイント制度になっていますが、1位には変わりありません。

       

       

      これも普段から当店をご利用くださっている数多くのお客様のお陰です。

       

      来季も連覇できるようよろしくお願い致します。

       

      近々、何かしらのキャンペーンを開催したいと思います。

       

      また、決まり次第ブログ等でアップしますね。

       

      本当にありがとうございます。

       

      来年は

       

       

      RS11や

       

       

      18インチのCR11

       

      あと、バイアスのBT45がBT46へとアップデートされて発売されます。

       

       

      キャッシュレス・消費者還元事業のおしらせ

      2019.12.05 Thursday

      0

        今年も、あっという間に師走ですね。

         

        10月から消費税も10%に上がり、物入りなこの時期にちょっとだけですが

         

        お得な情報です。

         

        皆さん「PayPay」とか使っていますか??

         

        実は、少し前から当店でもPayPayが使えるのはご存知ですか?

         

        使い方等は詳しい方に聞いて下さいね(笑)

         

        当店でも、この12月から消費者還元事業者登録が済みましたので

         

        PayPayでキャッシュレス決済されると5%の還元が受けられる様になりました。

         

        さらに下記キャンペーンも開催中です。

         

         

        <「まちかどペイペイ 第2弾」キャンペーン内容>

         

        ■キャンペーン期間

         2019年12月1日(日) 午前0時00分 〜 2020年1月31日(金) 午後11時59分

         ※キャンペーン期間中であっても、PayPay加盟店の還元事業への登録完了後に通知される有効日から本キャンペーンが適用開始となります。

         

        ■対象店舗

         PayPayにおける「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象加盟店のうち、消費者還元率が5%の店舗

         ※ 消費者還元率が2%に加盟店は本キャンペーンの対象外です。

         

        ■キャンペーン内容

         キャンペーン期間中に、対象店舗における対象取引について、「PayPay」をご利用いただいた方 に対し、還元事業による5%の還元に加えて、20回に1回の確率で最大1,000円相当のPayPayボーナ スを付与します。

        なお、12月1日から実施を予定していたPayPayボーナスが戻ってくる抽選企画 「PayPayチャンス」は、「まちかどペイペイ 第2弾」と併せて1つのキャンペーンとして開催しま す。

         

        ※ 還元事業で対象外取引として定められている取引は、キャンペーン対象外です。

        ※ クレジットカードによる支払いは、キャンペーンの対象外です(ヤフーカード除く)。

         

        ■付与上限

        (1)還元事業による還元

           25,000円相当/回 25,000円相当/月(決済金額 500,000円)

         

        (2)「まちかどペイペイ 第2弾」による付与

           1,000円相当/回 5,000円相当/月

         

        (WEBページはこちら https://paypay.ne.jp/event/meti-20191201/

         

         

        是非この機会にご利用ください。

         

        *支払い上限金額等ございますので、良くご確認ください。

        LINEアカウントできました!

        2019.01.31 Thursday

        0

          m-techの公式LINEアカウントができました。

           

          走行会などの情報発信など

           

          またはお問合せにもご活用ください。

           

          ともだち(表現がいまいちww)登録お願いしますね。

           

           

           

           

           

          友だち追加

           

           

           

          登録頂いている方へ

           

          こちらからどなたが登録されたか分かりませんので、トークルームにお名前添えてメッセージ頂ければ幸いです。

           

           

           

           

           

           

          オートブリッパー

          2018.01.29 Monday

          0

            あぁ〜もう1月が終わりますね

             

            今日は、新商品のご紹介です!!

             

            最近のSSにはほぼ装着されている機能

             

            そう、クラッチ切らずにシフトダウンできる優れもの!

             

            でですね。

             

            GSX-R1000L7モデルにも付いているんですが、Rモデルだけなんです。

             

            そこで、やっとGSX-R1000にもオートブリッパーを装着することができます。

             

            最初からオーリンズや社外サスに換える予定の人にはSTDモデルを買って

             

            オートブリッパー後付なんて事もできますよ

             

            気になる人はお問合せ下さい。

            2018モデル 

            2017.11.18 Saturday

            0

              あっという間に年の瀬に向かっていますねぇ〜

               

              もう来年モデルの噂が聞こえてきました。

               

               

               

               

              2018 GSX-R1000R 

               

              メタリックマットブラックNo.2

              パールグレイシアホワイト

               

               

               

              2018 GSX-R1000 ABS

               

              メタリックマットブラックNo.2

              パールグレイシアホワイト

               

               

              USモデル 詳細はこちら

               

              ブルーは廃止みたいです。。

               

              ブラックもマット(艶消し)になるみたいですよ〜

               

              EUでは違う色がでるのかも??

              GSX-R1000AL7

              2017.04.03 Monday

              0

                新型 GSX-R1000 ついに詳細が決まりましたね。

                 

                車両名 GSX-R1000AL7
                (仕向地:E.U.)
                MotoMap参考小売価格¥1,868,400
                (本体価格¥1,730,000、消費税8% ¥138,400)

                 

                5月デリバリー予定

                 

                 

                車両名 GSX-R1000RL7
                (仕向地:E.U.)
                MotoMap参考小売価格¥2,192,400
                (本体価格¥2,030,000、消費税8% ¥162,400)

                 

                6月デリバリー予定

                 

                 

                先行予約分、若干数残っております。

                 

                これは安い!!

                 

                お問合せお待ちしております!!

                 

                 

                二輪用故障診断機 TEXA 導入 

                2017.03.26 Sunday

                0

                  今日は、新規導入した整備機器の紹介です。

                   

                  当店では、まだまだキャブ車に乗っているお客様も多く、その整備を依頼される事も多いのですが、

                  最近は、確実にFI(インジェクション)車の入庫が増えています。

                   

                  最近のFI(インジェクション)車には、故障診断機能(ダイアグノーシス)という機能が備わっています。

                   

                  例えば、どこかのセンサーに異常な数値が見られる等々でメーターにエラー表示を出したりします。

                   

                  確実に壊れていれば、読み出すのは容易なのですが、走行中に出たエラーがキーをOFFにして再度ONにしたら

                   

                  消えてしまうなんて事もあります。が、ECU上には記憶領域があり過去データは残っています。

                   

                  それを呼び出す時に必要になるのが各メーカーの診断機なのですが、うちが導入したのは

                   

                   

                  『TEXA NAVIGATOR TXBe』という国内外の主要メーカーに対応したテスターです。

                   

                  何ができるかと言いますと

                   

                  FIの故障診断・ABSの故障診断・上記エラーの消去​・調整、動作テスト・パラメーターの確認・メンテナンスマークの消去
                  等が可能です。

                   

                   

                  車両と診断機を接続する為のケーブルは、ある程度の車種用のケーブルは導入しました。

                   

                  ※近年の自動車の場合は、このカプラーが共通の規格(OBD2)で統一されていますが、バイクの場合メーカーや年式で異なります。

                  なんだか無駄が多い感じです(泣)2018年には二輪も共通規格になるとか・・・

                   

                   

                  このトライアンフにはエラーコードは残っていませんでした。

                   

                  各パラメーターの数値も読めます。

                   

                  これで、FIセッティング中や作業中に出たエラーコードも消せます。

                   

                  もちろん、外車のメンテナンスマークも消せます。

                   

                   

                   

                  こういう類のシステムは、できれば専用PCにしておきたいのでシャシダイ用と

                   

                  それにしか使わないPCが更に増えてしまいました。

                   

                   

                   

                  もちろん、SUZUKI用は専用のSDSシステムも同時に導入しました。

                  (こちらはいつどんな状況でエラーが出たか分かるのでロガー機能が付いてます)

                   

                   

                   

                  ​いやはやデジタル化の波に飲み込まれそうですが、まだまだ勉強です。

                  謹賀新年

                  2017.01.05 Thursday

                  0

                    新年あけましておめでとうございます。

                    今年も、あと360日!?

                    頑張っていきますよ〜

                    本日より、通常営業しております。

                     


                    では、本年もよろしくお願い致します。


                    お年玉配布カレンダーもまだまだ残っております。
                    ヨシムラ・BS・SUZUKI等々

                    欲しい方はお早めに〜

                    GSX-R1000 新型発表!!

                    2016.10.06 Thursday

                    0

                      ついに発表されましたね!!

                       

                       

                      「GSX-R1000」

                       

                       

                       

                      「GSX-R1000R」 なんたる簡単なネーミング

                       

                      青い倒立フォーク・・・GSX-R750SPRを思い出します。

                       

                       

                       

                       

                      詳細はこちら

                       

                      とにかく、電子制御化は進んでいます。

                       

                      特に「R」の方はすごい良いみたいですよ。

                       

                       

                      しかし、カラーリングにコストが掛かってないねぇ・・・

                       

                      他の部分にいっぱいお金が掛かったんでしょう(笑)

                       

                       

                       

                      まだまだ国内の情報は入って来ていませんが、気になる方はお早めにお問合せ下さい。

                       

                      あっ、CBR1000RRも新型発表されましたね。