フォークO/H+α

2010.09.21 Tuesday

0
    めずらしく、2日続けて更新

    昨日のブログで書いた、フォークの再メッキ

    違う車両ですが、チタンコートした物を紹介




    はい、いつもの汚いオイル画像でっせ

    皆さんエンジンオイルはマメに換えるのに、サスのオイルは換えへんね。





    念入りに洗浄して、乾燥させます。

    今回はチタンブラックで仕上げています。

    DLCではありまへん。



    交換部品

    最近のSSは構造的にシール交換しかできない(メタル類が単体部品で供給されていない)物もあります。



    はい、組み上がり

    今回のフォークはエア抜きに時間掛かりました。

    SHOWAのレースキットカートリッジなんかも偉い時間掛かります。

    しっかりエア抜きしとかないと、エア噛みして正常に機能しない。
    油面も変化するしね。

    左右で伸側の調整幅が違う車両をたまに見かけますね。

    きちんと組めば左右揃います。 圧側はどうしようもないけど

    視覚的効果より、フリクションロスを低滅すると効果絶大ですよ。

    特に、サスが動き始める領域でビギニングの良さが分かります。
    関連する記事
    コメント
    今度OHの時はチタンコートやろうかな♪
    もっと滑らかに動く様にしたいわ!
    オレの正立じゃぁ効果はどんだけ???
    ん〜やってみたい!!
    • by しげやん
    • 2010/09/23 1:02 AM
    正立・倒立関係なく効果ありますよ。
    表面硬度も上がるので、防傷・防錆にも効果があり。
    750RKやRC30の純正フォークのメッキの質が違うのは有名な話
    メッキ前の研磨にコスト掛かってますね。
    +αで作動性向上できますので、ぜひお試しあれ。

    • by m-tech@大将
    • 2010/09/23 9:05 AM
    オラのRC30は10年近く開けておりません。
    開けるのも怖く、チューブにもサビが!
    次回全部 ヤるか・・・。
    • by 初号機
    • 2010/09/23 12:28 PM
    初号機さん>
    10年・・・放置プレーですね。

    あきまへんて・・・

    すねますよ・・・30くんが
    • by m-tech@大将
    • 2010/09/23 9:12 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL