呼びます

2011.03.20 Sunday

0
    最近、なぜだかCB Four シリーズが流行ってます(笑)

    いやいや、こういうのは呼び込むのですよ。

    先日、CB500Fourの最終チェックで作業中に、

    とあるお客様が来店され


    『こちらは、旧車も扱っておられるのですか?』

    もはや扱っていないとは言えない状況・・・

    『今のバイクを修理するのと同じ感覚ではできない事を了承
     して頂けるのであれば・・・』

    『キャブからガソリン漏れてるので、動かさない方が良いですか?』

    聞けば、エンジンオイルも増えてるとの事

    『お引き取りに伺います』

    また、増えても〜た



    残るは350でフルコンプリートか(爆)

    作りがシンプルな当時のバイク達

    メーカーさんの試行錯誤が見られる個所も多々あります。

    部品が入手できても、根本的に改善が必要な場合も・・・

    今の技術で対策できるところもありますが、部品が入手できないのは

    しんどいなぁ〜



    CB500fourの泣き所

    ミッションの不具合

    シム調整してクリアランスを最小限に組み直し

    弱い部分のオイル潤滑を助ける為、WPC処理




    ネズミ色の部分だけ

    ミッションは前にも書いたけど、効果が薄いので今回の目的は延命措置です。


    シフトフォークは、表面硬度を上げる為にDLC処理




    あとは、シフトリンケージ周りにいっぱい小細工してやっと納得がいく

    レベルになりましたとさ






    そんな旧車オーナーさんへ朗報です。

    ヘッドカバーやエンジンカバーなど腐食してるのも多々見かけます。

    ベストなのは、バフ処理後のクリアペイントですが

    結構コスト掛かります。

    もちろん仕上がりは完璧ですが。

    ローコストで、下の画像の様な粉体塗装もできます。





    画像では、質感が伝わらないのが残念

     

    塗装やのに、メタル感があります。




    くれぐれも、旧車専門店ではございませんので、あしからず



    今週から、やっとこさ、シャーシダイナモ可動です。
    関連する記事
    コメント
    あ〜CB博物館ですな(笑)

    やっぱよびますよね〜こう言うのって♪

    頑張ってピカピカにしてあげてくださいね!!
    • by しげやん
    • 2011/03/21 12:01 AM
    この時代のバイクは、全体的に丸いイメージですわ。

    どこも尖ってない

    MADE IN JAPAN バンザイです。
    • by m-tech@大将
    • 2011/03/21 11:55 AM
    CB500FOURの修理復活に感謝です。
    大将、スタッフの試行錯誤の結果、満足いく仕上がりにして頂き有難うございました。
    問題であったミッションの入りも、アップ・ダウンとも以前とは全く別物になり、足の感覚でカチカチとタッチがはっきり判るようになりました。
    これでストレス無く乗れます。
    末永く大事に乗りますので今後とも宜しくお願い申し上げます。
    • by 岡本です。
    • 2011/03/27 9:42 PM
    岡本様>
    長らくお待たせしました。

    満足して貰えて何よりです。
    一時はどうしようかと頭抱えましたが、物理的に
    解決策が見いだせてホッとしたのが正直なところです。

    貴重な車両、大事に乗って上げて下さい。
    • by m-tech@大将
    • 2011/03/29 1:24 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL