Fフォーク

2011.10.24 Monday

0
     ここのところ、何故だかフォークの表面処理依頼が多いです。


    こちらは、トライアンフ

    アウターは、カシマコートにインナーはチタンブラック
    ボトムエンドは黒塗装から一転シルバーアルマイトへ






    こちらは、オーリンズの倒立フォーク

    これもインナーチューブはチタンブラック
    (Tiコートの中では表面硬度が一番硬い)





    でついでにボトム&アウターもブラックアルマイトに変更

    分解した時でないとできないし、雰囲気は一気に変わるのでおすすめですよ







    フォーク繋がりで

    DR-Z400SMのフォークオイル交換

    ちょいと特殊な新機構




    SHOWAとKYB双方同じ様な構造のフォークは結構前からあるみたいですが、オフ・モタード系の来店が少ないので今回初めて分解


    サブタンクが別にあり、しかもオイルはレベル管理ではなく量管理。

    必然的にカートリッジは全バラです。

    内部にオイルが残ると微妙に左右差ができるので。

    インナーチューブはストロークさせて一晩ひっくり返して古いオイルを抜きます。




    このフォークお金掛かってます。

    アウターだけかと思ったら、ピストンロッドにもカシマコート掛かってました。



    洗浄後、きっちり乾燥させて




    市販車でもクローズドカートッリッジを使う時代になったのです。

    新機構のパーツを分解する時は、いつもなのですが

    『ふ〜ん』・『すごいなぁ〜』・『こうなってるんか〜』
    『おっ、こんなところにこんな表面処理されてる』とか
    『これがこう動いてこうなって』と動きを考えてと

    とにかく独り言がやたら多くなりますわな。

    そんなこんなで、結構時間掛かりましたとさ。




    そんなDR-Zオーナーさん

    さっそく、STMのスリッパークラッチ導入




    試乗させて頂きましたが、これイイよ

    これはロックするやろというシーンでもモウマンタイ

    ただ、頭の中にクラッチが滑ってる絵が浮かぶのは職業病ですな




    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL