フォーク換装

2013.04.21 Sunday

0
     また、書かない癖が・・・

    忙しくて書いてる暇もないとの話も・・・


    そんなこんなで、やっと完成したGSX-R1000K6



    組み上がったら何をそんなに苦労した?って感じですが


    FG R&TはK7〜用しか設定がありません。

    フォークアウターのサイズが違うので、使うステムのボア拡大



    もちろん、かなりの精度が要ります。

    ステダンクランプもボア拡大



    極めつけは、キーシリンダーのブラケット

    年式違いのR1000用なので、キーシリンダーが右側に寄っている。

    付かない事はないが、ハンドルロックが効きません。

    K5・K6だけセンターにキーシリンダーがあるので、ステーをワンオフ製作

    これが、また大変。

    複合Rにぴったり沿わすには、きちんとトレースするか設計値がわからないと形が合いません。

    仕上がりのクォリティに影響するのでね。




    ステムオフセットを変えているので、ハンドル切った時の干渉物の対策やケーブル類の干渉等チェックしながら組み直し。

    最後は試乗して、現状で乗れないレベルではないですが今後の対策をお客さんと相談。

    せっかく高いパーツも機能(セットアップ)しなけりゃ意味ないですからねぇ。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL