ケース修理

2013.11.25 Monday

0

     最近立て続けに以来のあったクランクケースの修理

    まずは、



    Z1000R 

    エンジンマウントラバーが経たり、パワーに負けてエンジン動くんです。

    で、フレームのとの接触部が荒れてしまったパターン



    極力熱を入れないように、さくっと溶接で肉盛り



    フライスで面出し加工



    整形して色吹いて完成


    お次は、とんでもない転び方をしてしまった某スズキ車




    外から見ると・・・

    クラックというより・・・

    穴空いてますな。




    加工途中



    こちらは面出し&ボルト穴加工



    本来なら、諦めてケース交換してくださいって言いたいところですが

    部品が出ない車両等は修正するしかない。

    極力避けたいですが、時にはこんな修理もします。


    どんな物でも直せる訳ではないので。あしからず。


    関連する記事
    コメント
    ラバーを経て・・・

    座面を経てェ~ッ!
    • by 番長!
    • 2013/11/25 9:18 PM
    シャフトを経て〜

    シャフトが曲がる・・・みたいな。

    次は、クロモリシャフトですね。
    • by m-tech@大将
    • 2013/11/26 10:14 PM
    リアサスの次は、シャフトっすか!!

    働けど働けど・・・

    我が暮らし・・・って奴ですねっ!

    イヤァ~久々のローソン・・・

    最高です!(*^^*)

    心から感謝。
    • by 番長!
    • 2013/11/27 1:14 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL