ラスティングコート

2016.11.15 Tuesday

0

     

    今回は、うちがやっているセラミックコーティングの新商品

     

    ラスティングコートいう商品紹介です。

     

    特筆すべきポイントは、劣化した表面にコーティング材を浸透させて、

    凸凹を減らすことにより、光の透過率が改善される。

     

     

    今回はテスト的に、うちのハイエース100系のヘッドライトに施行してみました。

     

    もちろん、何事も下地が大事なので磨きは入れています。

     

     

    施行前の写真を撮り忘れています。

     

    いきなり施工後の写真ですが、最近の車のヘッドライトはポリカボネート製なので日焼けで黄ばみみます。

    酷くなると、車検に通らない位のレベルで光度不良の状態になります。

     

    今まで、いくつかの物を試しては「こんなもんか〜」と思いつつ

     

    まずは磨いてみて、そのこんなもんかレベルまでは回復します。

     

    そこから、コーティング剤で仕上げると・・・

     

    あれま!!  透明度が上がったではないでっか!!

     

    何より、その後のUVカット機能があるということは・・・

     

     

     

    塗装面にも使えるということですよ

     

     

    でも、車体に施行するには面積が広すぎるし

    何よりセラミックコーティングがあるのでね

     

    で、考えました。

     

    ヘルメットや、シールド、スクリーンに応用編として施行してみました。

     

     

     

    画像では分かり難いですが、変化あり!使えそうです!

     

     

    施行面

     

     

    未施工

     

    あえて長期間ディスプレイしてあるKonnyメット(本物)で

     

    これも画像では分かり難いですが、色艶がでて・深みが増しました。

     

    全て現物は店頭にありますので気になる方はご来店下さい。

     

     

    大事なギアもコーティングして長持ちさせましょう。

     

     

    施工費用等は追って告知します。

     

     

     

    おまけ

     

     

    ミスターの通勤快速 シグナスXのヘッドライトに施行してみました。

     

    バイクも今やポリカボネートのライトが主流ですから、車同様「ライトの黄ばみ問題」は時間の問題

     

    そうなる前にコーティングしておくのも一つの予防策かもしれません。

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL