二輪用故障診断機 TEXA 導入 

2017.03.26 Sunday

0

    今日は、新規導入した整備機器の紹介です。

     

    当店では、まだまだキャブ車に乗っているお客様も多く、その整備を依頼される事も多いのですが、

    最近は、確実にFI(インジェクション)車の入庫が増えています。

     

    最近のFI(インジェクション)車には、故障診断機能(ダイアグノーシス)という機能が備わっています。

     

    例えば、どこかのセンサーに異常な数値が見られる等々でメーターにエラー表示を出したりします。

     

    確実に壊れていれば、読み出すのは容易なのですが、走行中に出たエラーがキーをOFFにして再度ONにしたら

     

    消えてしまうなんて事もあります。が、ECU上には記憶領域があり過去データは残っています。

     

    それを呼び出す時に必要になるのが各メーカーの診断機なのですが、うちが導入したのは

     

     

    『TEXA NAVIGATOR TXBe』という国内外の主要メーカーに対応したテスターです。

     

    何ができるかと言いますと

     

    FIの故障診断・ABSの故障診断・上記エラーの消去​・調整、動作テスト・パラメーターの確認・メンテナンスマークの消去
    等が可能です。

     

     

    車両と診断機を接続する為のケーブルは、ある程度の車種用のケーブルは導入しました。

     

    ※近年の自動車の場合は、このカプラーが共通の規格(OBD2)で統一されていますが、バイクの場合メーカーや年式で異なります。

    なんだか無駄が多い感じです(泣)2018年には二輪も共通規格になるとか・・・

     

     

    このトライアンフにはエラーコードは残っていませんでした。

     

    各パラメーターの数値も読めます。

     

    これで、FIセッティング中や作業中に出たエラーコードも消せます。

     

    もちろん、外車のメンテナンスマークも消せます。

     

     

     

    こういう類のシステムは、できれば専用PCにしておきたいのでシャシダイ用と

     

    それにしか使わないPCが更に増えてしまいました。

     

     

     

    もちろん、SUZUKI用は専用のSDSシステムも同時に導入しました。

    (こちらはいつどんな状況でエラーが出たか分かるのでロガー機能が付いてます)

     

     

     

    ​いやはやデジタル化の波に飲み込まれそうですが、まだまだ勉強です。
    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL