納車整備

2017.04.04 Tuesday

0

    少し暖かくなってきて、皆さん動き出した感じですね。

     

    今日は、うちの納車整備をご紹介

     

    新車なんてどこで買っても同じと思ってる人

     

    はい、物はどこで買っても同じです。 安さだけを求める方は読まなくて結構です(笑)

     

    乗り出すまでに何をするか??

     

    水見て、オイル見て、ガソリン入れて、バッテリー繋いで、エンジン始動。

     

    それで良いのか??

     

    カウルが外れてます。

     

    いつもながら、この状態を見て納車整備と思う人はほとんどいません(笑)

     

     

    まずはステム周りのチェック

     

    といっても分解してますが・・・ グリスの量でステムの重さは変わりますよ

     

    もちろん、この後、エンジンマウントボルトの締め直しやピボットシャフトの締め直し

    更にはリンク周りの締め直しと、動く箇所は基本的に人間の手で締め付け直します。

     

    このあたりのシャフトやボルトにはほぼグリスが塗布されていないので、グリスアップも

    兼ねて分解します。

     

    なぜここまでするかと言いますと、生産ラインで工業的に組まれた大量生産品である事。

     

    本来ならエンジンまで全バラしたいところですが、さすがにそうはいかないので

     

    せめて車体周りの可動部分は、人の手できちんとトルク管理をしながら組み直し

     

    適正に動くようにしてやろうというのが狙いです。

     

    ホイールのアライメントが出ていない新車も多いのですよ。

     

     

     

     

     

    今回は、ブレーキ回りも同時に作業させて頂きました。

     

    ただ、最近のスーパースポーツ車にありがちな

     

    ハンドルの幅が狭すぎてラジアルマスターが装着できない問題!!

     

    現行YZF-R1も例にもれず・・・

     

    ただ、それを解決する方法はありますのでなんとかして付けました。

     

     

    ブレンボのRCSタイプなら問題なく装着できるのですが、お客様の希望でレーシングマスターを装着!

     

    PLOTさんのSWAGE-LINE PROにブレンボマスター(RCS)対応ホースを設定する為、

     

    PLOT本社で型取りしましたので、近々ラインナップが増えるでしょう。

     

     

    レーシングマスターを付けたいR1オーナー様 お問合せお待ちしております。

     

     

     

     

    T様 明日コーティングしますので、もうしばらくお待ちください。

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL