2017 SUZUKA8H

2017.08.07 Monday

0

     

    今年も、なんとか言ってる間に8耐終わっちゃいました。

     

     

     

    事前テストから、まずまず順調にセットアップも進み

     

    マーセル君はご機嫌で、いよいよレースウィークというタイミングにダートで怪我して

     

    急遽、第3ライダーにAlex Cudlin選手も含め

     

    OGA→60圈Marcel→70圈Alex→80

     

    こんな体重差でセット出るかい!! (笑)

     

    予選までにAlex用のセットを考え

     

     

     

    でもって、TOP10まであと0.09秒って。。。何?それ

     

    まぁ、3人もライダーがいたら言いたい放題!

     

    言う事聞きすぎました、これは反省です。

     

    現役MOTO2ライダーのMarcelは、どんな状態でも8秒台9秒台でLAPできたという・・・

     

    結果、『なんでもええんやん』(笑)

     

     

     

    Team 現場

     

    でもって始まった決勝  

     

     

    4LAP目のヘアピン

     

    あっ!

     

     

     

     

     

     

     

    よく転ばんこったねぇ〜

     

     

    NEW STYLE GSX-R1000

     

    こんなでも、アベレージは悪くなかったので通常スティントを消化後PIT INで修復

     

    これが思いの外、色々問題があり

     

    15分ロスで60位まで落ち

     

    次のMarcelのスティントでもトラブルは尾を引き

     

    あらぬところが緩んで、増し締めしたりと

     

    前半3回は修復しながらの戦いとなってしまい

     

    最後なんとか追い上げて23位でフィニッシュ

     

     

     

    はじめてメカニック腕章を置いて挑んだレースで、とにかく頭が疲れました。

     

     

     

     

     

    結局Marcelはクラックだった左手が8耐で折れてしまったらしく、

    本職のMOTO2は金曜のFPを走った時点で欠場しちゃいました。

     

    次戦までに復活できるのか??

     

     

     

    かくして、2017 エスパルスドリームレーシングとしては悔しい結果で終わってしまいました。

     

    また、来年!?あるのか!?

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL