難門だらけ・・・

2013.02.02 Saturday

0
     いやはや、もう2月ですやんか

    毎度、行く、逃げる、去るとは良く言ったもんだ・・・


    何でか、知りませんが今やってるエンジン達

    一筋縄ではいきません。


    ほぼレーサー並みのKTM

    バラすまでに作った特工が3ヶ


    部品手配の段階で、ガスケットキットの内容を確認するも

    KTMジャパンでも分からない・・・

    本国メーカーに聞く事1週間


    バラ買いするより随分安いけど何が入ってるか分からねば、不足品の注文しようがない

    パーツリストに明記しておいて下さい。



    交換部品の山


    一番苦労したのが↓



    クランクのベアリング

    特殊な構造の為、四苦八苦して

    諸先輩方にアイデア貰って、やっと交換できました。
    メーカー純正の特工が全く使い物にならないとの情報も頂きました。それでいいのか!?

    いつまで経っても、勉強です。



    やっと、腰下終了。


    どえらい時間掛かってます。

    その間にミスターがさくさく作業を進めてるのを横目に・・・

    同時に複数の車両をやると、結局遠回りなのですが

    部品待ちやら、調べ物であっと言う間に2月

    そんなこんなで今年の恵方は、南南東みたいですね。
    どうでもええがな??

    エンジンO/H 

    2013.01.15 Tuesday

    0
       今年の冬はエンジンO/Hが多い・・・


      まずは

      CBR1100XXのM/T異音


      とある部品が耐力負けした模様

      これはロアケースからサクッと交換


      ミスターは

      XJR1300と格闘中



      カーボン落としは思った以上に大変なんです。



      バルブもこの通り

      これは除去剤で浮かしているところ

      それだけでは5割位しか落ちないので、せこせこやるしかおまへん



      このエンジンはチューニングメニューもあるので

      このパートは私が責任持ってしっかり計測



      ピストン・ピンと重量合わせ


      ちょくちょく出てくるイシダの測り(京都の会社ですよ)


      こちらは、ウォーターポンプシールが抜けて

      水と油が混ざってしまったKTMのLC4エンジン



      そやかて、普通のオイルシールですやん。

      フリクションロスを優先させるKTMの凄さです。



      単気筒のヘッドは、気持ちが楽です(笑)

      今回は擦り合わせのみ

      機械加工されたヘッドがやる気やね。


      腰下バラすのに、手持ちの特工では合わない・・・ので

      工具の入荷待ち


      そんなこんなで、二人揃ってエンジンと戯れています。

      この後に、まだ2機控えているので早く仕上げないと・・・

      車体整備

      2012.10.13 Saturday

      0
         レースから帰ってきてから、まぁ通常業務でバタバタです。

        みなさん、すいません。

        ほんま、お待たせしてばっかりで・・・



        そんなこんなで、ハードな整備作業が続いております。

        最近やたら入庫率が高い、GSX-R1000K5/K6

        今回は、可動部のベアリング類全交換&サスO/H

        年式的にもボチボチそういう作業が増えてきています。



        まずは、リア周りから



        普段絶対、掃除できない部分

        もちろん、洗浄・清掃してから組み付けます。





        リンクベアリング

        外した物は、やはり打痕がくっきり残っていました。


        BAZZAZも取付て、燃調のセット



        この車両、過去に転倒歴があるらしくステムは交換したみたい

        ですが・・・

        残念な位オーバートルクで締め付けられていました。

        これじゃ、セルフステアが効くはずもない。

        お陰でベアリングにはすでに打痕が付いていました。

        &アクスルシャフトは微妙に曲がっていました。


        車体メンテ?修理!?&燃調で、随分違う乗り物に変化する事でしょう。


        アルミタンク修理

        2012.09.15 Saturday

        0
           先々週の事ですが、

          とあるバイクのアルミタンクから、すごいビビり音がするとの事で


          実際に試乗してみると・・・

          こりゃ、恥ずかしいレベルですなぁ。

          おそらく、中の仕切り板の溶接が外れているのでしょう。


          で、中を除いてみると


          やっぱり!!


          最小限で切開



          タンクの中に、切り粉を落としたくないけど仕方がない



          完全に振動にやられてぱっくり割れてました。




          ちょっと細工して溶接したのでビードが不均一ですが、

          なにより漏れない事の方が重要です。


          圧検してOK


          その後、切り粉を掃除する方が大変でした・・・


          やっぱり変な異音は気になるので、直せる物は直しましょう。

          新台入替

          2012.08.30 Thursday

          0
             っていってもパチンコ屋じゃないよ


            どうにもこうにも使いにくかった、バイクリフトを

            新調しました。







            ミスターが使っているのはSnap-on製

            なぜか、わてのはCHINA・・・

            引っ越した時に予算が足りず、とりあえずと言う事で早3年


            Snap-onのは廃番で同じ物が手に入らないので、仕方なく

            よく似た感じの物をチョイス。

            OVERさんちが取り扱っている商品です。



            またまた、お手伝い頂いたKさん

            急にお呼びたてしてすいませんでした。助かりました。


            さぁ、頑張ってリフトで上げよう・・・




            12ヵ月点検

            2012.07.19 Thursday

            0
               うちでは珍しいDUCATI

              12ヵ月点検と合わせて

              クラッチのメンテナンス

              STM

              メーカーとしては乾式の場合3000kmに1回、分解・洗浄・グリスアップを推奨

              若干パックハイトが減っていたので厚み違いのプレートに交換




              ちょっとUPグレードも

              御近所のCASUNOさんちの優れ物




              チタンワッシャ ヘッド&エンジンマウント用



              振動が減るのと、車体の剛性UP

              DUCはエンジンがフレームの一部(大分)なので効果大です。


              あとは、定番のオイル漏れ・・・

              DUCに詳しいおいちゃんに教えて貰いました。




              サブコンでセッティング



              いろいろ変わって、リフレッシュできました。



              ミスターは

              ZX10R

              こちらも、12ヵ月点検&車体回りリフレッシュ




              ステムベアリングのグリスアップ



              スイングはベアリング類全交換



              チェーン&スプロケ&ハブダンパーはセットで交換



              可動部のグリスアップも施します。



              ワイヤーの給油も合わせて




              他にも、サスのO/Hやら・・・


              全体的に遣れてるとなかなか気づき難いものですが、

              シャキッとさせるだけで、バイクの動きは激変します。

              本来のパフォーマンスを発揮させつつUPグレードさせていきましょう。

              FIセッティング

              2012.06.14 Thursday

              0
                 梅雨時に悩むセッティング作業

                今回は、V-MAX



                BAZZAZを使って、オートシフター+トラクションコントロール機能も追加


                いつも通り、本体購入+セッティングで取付工賃サービス!!

                と言って、いつも作業後にやってもうたというパターン・・・

                今回もああでもない、こうでもないと言いながら奮闘。



                電子制御スロットル(思ってる以上にやっかいです)に困惑されながらも

                なんとかセット完了。

                グラフはないですが、ノーマルマフラー改+RACE ECUのパッケージから

                トルクは上乗せ約1k、馬も+10ps 

                やっぱりきちんとセッティングすれば100%の性能を出し切れるといった典型的なパターン。

                トルクの出方にYAMAHAらしい味付けも発見。

                梅雨時期なので、晴れ間を見つけて合間にセット

                最終確認した日は、湿度が高かったので雨用セットにも対応

                これで、MAPスイッチで切り替えすればいつ降られても大丈夫!?

                この時期ならではのサービスでした。



                ミスターはというと

                油冷機のクラッチ交換



                新車から一度も変えていないとの事で・・・



                はい、スプリングもヘタリます。



                プレッシャプレートも表面処理が変わっています。

                タフネスUPの対策でしょう。

                ツーリングユースが大半との事でしたが、やはりそれなりにくたびれていました。

                今回は、気持ち良くクラッチアウターからごっそり交換。


                まだまだ、現役ですね。


                そんなこんなで、新旧いろんなバイクに対応させて貰ってるMでした。

                最近のM

                2012.06.01 Friday

                0
                   もう6月になりましたね。早い!


                  ここのところ、相変わらずバタバタしてます。

                  気分を変えて、昼間に更新してみようかと・・・




                  車検整備で作業中のヨシムラ S1 と
                  ヘッド回りやり直し中のGSX-R1100N

                  相変わらず、SUZUKIが多いねぇ



                  S1の方は、スプロケの歯先が倒れてますよ・・・

                  なかなか激しい開けっぷりが想像できます。

                  ここまでなったら即交換です。

                  もちろん、あわせてダンパーとボルトも交換しましょう。

                  チェーンラインの修正を含むスプロケ交換




                  R1100は、今や希少なヨシムラST3カム

                  耐摩耗性UPと潤滑性向上の為WPC処理

                  STACKのタコメーターは配線処理のやり直しで正常になりました。





                  久々入荷


                  CRGクラッチレバー

                  軸部分にベアリングが入っているので、ダイレクト感があって良いです。

                  ワイヤー式クラッチ車には、ほぼ装着できますよ。

                  キャブO/H

                  2012.04.24 Tuesday

                  0
                     ええかげん書かんと、誰も見てくれへんようになるよ


                    と、いうことで

                    整備ねたです。



                    春先に多い、キャブレターのO/H

                    はい今回も得意のオーバーフロー

                    年数経つと、いろんな部品がやれますね。


                    キャブの中でも結構重要な、フロートバルブ



                    薄らと筋が入っているところの密着が悪くなり、じわじわとガソリンが漏れます。

                    トイレのタンクがちょろちょろ流れるのと同じ理屈です。



                    このキャブは、フロートAssyだったので合わせて交換



                    と、預かってる間にFフォークのオイル漏れを発見

                    はい、ありがちな片側のみO/Hされていた模様




                    明らかに、違うオイルが入ってました。


                    方側がダメなら、反対側もダメでしょ・・・・


                    春先のメンテは続くのでした

                    シャーシダイナモ

                    2011.11.21 Monday

                    0
                       ついに、北陸地方で雪が降りましたね。 スノボの季節がやってきましたよ

                      そりゃ、寒くてブログ書くのも億劫になりますわ(全く関係なし)




                      本題の



                      インジェクションセッティング

                      この夏にBAZZAZを導入したGSX−R1000


                      秋用にリセッティングしなおして、そのMAPをNo,2とし

                      手元のMAP切り替えS/Wでいつでも夏用に切り替え

                      出来るようにしました。


                      こんな使い方もありですよ。




                      この季節は、空気密度が高いので馬も良く出てます。


                      ちなみに、この車両なんと

                      走行距離60.000km超え

                      ENGはノンO/H


                      高速道路移動が多いとの事でしたが、いやはやたいした物ですよ。

                      日々のメンテが良い証拠。






                      先週末には、はじめてハーレーなんかもパワーチェックしました。

                      こちらは、写真取り忘れ・・・

                      知り合いのハーレー屋さんからの依頼で

                      人柱的にSTAFFの車両を測定

                      0-400mにエントリーしているとの事

                      今回カム交換したので方向性を探りたかったそうです。
                      すんげぇートルクの出かたしてました

                      しかし、電気的なトラブルで失火している事が判明。

                      まずは、それを直しましょう(笑)

                      シャシダイ上でお漏らしもシテクレマシタ・・・


                      頑張って、11秒台目指して下さい。






                      ボーナス時期が近いですね。
                      冬の間のメンテナンス随時受け付け中です。