2018 SUZUKA8hours 

2018.07.31 Tuesday

0

    ことしも、夏が終わりました〜

     

    先週末の『鈴鹿8耐』にチーフメカ?現場監督?何でも屋??

     

    として参戦してきました!

     

     

    今年も『S-PULSE DREAM RACIN IAI』から

     

    チームとしては2年目の参戦

     

    個人的にはもう分からない(笑)

     

    ライダーラインナップは

     

    OGAこと 生形 秀之 選手

     

     

    Tommy こと BSBライダーの Tommy Bridwell 選手

     

     

    謎の第3ライダー こと 渡辺 一樹 選手

    まさか一緒にレースをすることになるとは思ってもなかった2012年のJ-GP2チャンプ

     

    事前テストから速さを見せていてチームアベレージは2’08’50位

     

    もしかして?うまいこといったら表彰台??なんて思ってしまう出来栄えでした。

     

    ウィークに入ってからもチームの雰囲気も良く(若干のオーバーワークはありましたがね)

     

    まずは予選

     

    去年は0.091秒差でTOP10トライアルに残れなかった悔しさから、今年は絶対残るぞと・・・

     

    3人のアベレージタイム2’08”153で6位通過

     

    OGAもTommyも転んで仕事は増え、物量はなくなっていく中

     

    やってくれましたよ。

     

     

     

     

    でも台風の影響から10台での計時予選になりました。

     

    そんな中、渾身のアタック 2’06”756 これで6位からのスタートとなりました。

     

    ちなみにこのタイム出した方の車両のピボットシャフトはうちのです

     

    もちろん現行用もラインナップしてますよ!!

     

    装着したら6秒でてまうかも(笑)

     

    明日はこれで走るぞ!!

     

    戦略は基本プランを考え、後は天候に左右される事を予想しながら

     

    スタート前の雨はしびれますね〜 自分が走るんちゃうからええけど(笑)

     

    そこから乾きだすのが思っていたより早い!でも今じゃない!

     

    ここっていうタイミングが難しいけど、抜群のタイミングでドライにチェンジ!

     

    ライダー交代なし! 鬼でしょ(笑)

     

    きちんとライダーを信頼してるから無茶振りもします。

     

    この後のTommyには超ロングスティントが待っている事も知らずにね(笑)

     

    SC入ったタイミングでほとんどツーリングしてたTommyにWETタイヤと燃料フルタンのサービスをし

     

    「Your Next RIDE」と拙い英語で伝えるとTommyが「Really??」僕「YES!!」

     

    Tommy  ヘルメットの中で小声で「FU○K !!」っていってコースインしていきました(笑)

     

    後は090とのバトルもありながら、雨の秋吉選手について行こうとするTommy・・・

     

    TOPが2'30秒位の中、2’25秒で走るBSBライダーでも無理だったみたい(><)

     

    ラスト30分がすごく長く感じる耐久レース

     

    最後はGASのみでTommy に託す

     

    プライベーター最上位の4位でフィニッシュ!!

     

    上位3台はメーカー直系のファクトリーです。何か起きなければこの上は難しいなぁ

     

    でも表彰台まであと一つってすごいやん。

     

    もちろん、携わったベストリザルトです。

     

    ことしからライブタイミングモニターも世界共通表記になったみたいで慣れないし見難い!!

     

     

     

    鹿が鈴を掛けてる  すずしかトロフィー

     

    この鹿君 1位はゴールド 2位はシルバー 3位は胴色 となるのですが

     

    4耐勝った時に金色が手に入ったと思ったらなぜか普通のカップだった事を思い出しました。

     

     

    オマケ

     

     

     

     

    神です(笑)

     

    ヘルメットにサインを貰う時間はありませんでした(><)

     

     

     

    PITWALKでちゃっかり自分ちの宣伝もかねてGSX-R125を展示

     

    白い方は、こんなんあったらええやんという思いつきで作ってみました。

     

    気になる方はMFD大阪店へ

     

    新商品リリース

    2018.06.21 Thursday

    0

      はい、ダブルヘッダーなんて言わない

       

       

      やっと『GSX-R125 フルエキゾースト』発売です。

       

      すでに初期ロット完売間近ですが・・・

       

       

       

      ・GSX-R/S125 フルエキゾーストマフラー TYPE-1

       ノーマルステップ不可・タンデムステップ不可・バッフル付き

       

       ヘッダー=SUS サイレンサー=チタンカバー 

       

       定価¥68,000-(税抜)

       

       パワーグラフをお見せできないのが残念!

       

       

      近日 TYPE-2も発売します。(サイレンサー形状違い)

       

       

      GSX-R/S125 用クロモリシャフト も発売です。

       

       

       

      大排気量の製造方法ではコストが合わないので、若干コストダウン(といっても旋盤仕上げになっただけ)

       

      フロントアクスル・ピボットシャフト・リアアクスル

       

       各¥19,000(税抜)

       

       

      これは効きます。

       

      なんせFフォークが細いので効果覿面です。

       

       

       

       

       

      最新機種

      2018.06.21 Thursday

      0

        最近は、サーキット走行用にLAPタイマー的な物を装着依頼される事が増えてきましたね。

         

        GPSで簡単に計測もできるし、まず自分のタイムが分からないと目標もないので

         

        サーキット走行の必需品ですね。

         

        そこで、今回取付させて頂いたのが【AIM】社からリリースされた【SOLO 2 DL

         

         

        ちょっとステーを作って取付しました。この位置でもGPSは受信できましたよ!

         

         

        装着車両はYZF-R1(このバイクずるいレベルで曲がりますよ) 

         

        このDLにはデーターロガー機能が付いていまして、ECUが収集しているセンサーの各値がロギングされます。

         

        なので、嘘はあきまへん(笑) 

         

        思ったよりスロットルは開いていませんよ〜

         

        ただ、上達するのにイメージは大事です。

         

        幸い、全日本のトップレベルのグラフは良く見るので・・・

         

        比較しちゃいかんのは分かっていますが、アドバイスはできますもんね。

         

        しかし、便利な世の中になりましたね。

         

         

         

         

        そうかと思いきや

         

         

        ちょっと古いDUCATIのエンジン修理・・・

         

        やらないといけないことが山盛りです。

         

         

        入庫お待ち頂いているお客さん

         

        ほんとすいません。

         

         

         

        TKレプリカ

        2018.05.10 Thursday

        0

          最近のM



          Team KAGAYAMA レプリカ製作

          と言ってもカウルは本物ですが……

          8耐用カウルをストリート用に改良し、テールカウルはクレバーウルフ製のストリート用をチョイス



          もちろん、ゼッケンは光る様に製作してます。8耐で使うのと同じ物です。

          若いオーナーさんですが、凄い!

          次は足回りですね。


          ちなみにヘルメットは、芳賀紀行選手の8耐レプリカ!!

          これも、うちでペイントの段取りさせて貰いました

          K-maxさんまで出向き、本物からトレースさせて貰いました。
          芳賀健輔さんありがとうございました!


          新旧GSX-Rのことならなんなりと(笑)

          新商品発売のお知らせ

          2018.03.21 Wednesday

          0

            久々?にスズキが楽しいバイクを発売してくれましたね。

            GSX-R125

            水冷ツインカム4バルブ

            なかなかミニバイクにしては本格的です。

            そんな、GSX-R125をサーキットで走らしたら楽しいに決まってるやん!

            という事で、最低限サーキットを走らせるのに必要なパーツをリリースします。

            まずは、

            純正カウルの下をオイル受け構造(レースレギュレーション対応)にする

             

            アンダーカウル  定価¥25,000−(税別)

             

            ライトを外した上に被せるタイプの

             

            ゼッケンカウル 定価¥7,000−(税別)

             

            ノーマルではスポーツ走行はできませんので、これもマストアイテム

             

            バックステップ 定価¥60,000− (税別) 6ポジション 正/逆シフト対応

            ブレーキスイッチはオプション

             

            これまたノーマルではパワー云々の前に擦ってしまうので

             

            フルエキゾーストマフラー  開発中

             

             

             

             

             

            画像はプロトタイプですので、若干の変更がございます。