ヨシムラ・クシタニコラボ 2011

2011.03.21 Monday

0
    今年のコラボ商品




      3月末から発売予定だそうです。


    もちろん、うちでも扱っています。

    クロモリシャフト

    2011.03.06 Sunday

    0
       続々とオーダー頂いています。

      今回は、Fアクスルシャフト

      これも効果大ですよ。



      油冷用Fアクスル ¥39.900-(税込)

      TYPE-1  '88~89 R750(RK) '89 R1100用  (正立サス)
      TYPE-2  '90~91 R750  '90~92 R1100用  (倒立サス)

      只今 在庫あります。



      よぉ〜く見て下さいよ。

      うちのは仕上げに研磨してあります。

      内六角にすることで軽量化も果たしています。



      今日は、刀用をオーダー頂きました。

      STDはΦ15という、なんともか細いので、STDホイールに
      Φ17を組める用カラー類も含めて特注で製作します。

      またまた出来たらUPします。


      明日こそダイナモルーム・・・・

      初OZ

      2011.02.19 Saturday

      0
         当店、初のOZホイール

        昨シーズンからGP-2にエントリーしている生形選手も使っている
        イタリアのOZ

        4輪のラリー界では老舗です。セリカGT-FOURにOZかっこ良かったなぁ

        ヨーロッパの後発メーカーだけあり、他にラインナップがない車種設定
        があったりと、アルミ鍛造ホイールの選択肢が増えますね。



        ブラックの車体にゴールドのホイール

        なかなか存在感を主張してはります。



        かなりエッジの効いたデザインです。

        ダストシール装着は、フリクションが増えるのは頂けないけど、
        ストリートユースには良いやね。

        メリット・デメリットを考えて対処しましょ。




        プロアーム車は他機種流用がし難いので、設定があるのは有難い

        リム部分はSTDに比べると薄肉軽量で、ジャイロ効果の軽減も期待できそうです。

        今日は日が落ちたので、試乗レポはまたの機会に・・・



        そういえば、6月からBS&DLタイヤ値上げです。


        今度は8%UPやそうです。

        銘柄の発表はまだないので、また報告します。




        いやはや

        BAZZAZ 試乗会

        2010.11.12 Friday

        0
          ヨシムラさんが取り扱いを開始した、FIコントローラー

          BAZZAZ

          普段はキャブばっかりイジってるのですが、レース用車両の燃調はサブコンで
          するので一応扱いは心得ています。

          昨日の事ですが、わざわざ装着車を持って講習会を開きに来て下さいました。

          ほんとはヨシムラさんちでやるらしい


          ありがたい

          率直に試乗した感想は、アクセルのツキや低開度のギクシャク感は全くなく
          マップスイッチで0マップに切り替えると差がはっきりと分かります。

          デジタルの階段(ドット)が細かくなった感じ。

          OPでオートシフタ―が使えるのも良いです。

          アクセル開けたままクラッチ切らずにシフトUPできるので、ツーリング等で
          左手が辛くならないメリットもあります。

          点火カットのタイミングも調整できるのとマップS/Wにそれぞれ違うタイミングの
          パターンを入れれるので、例えばゆっくり走る時用と走り込む時用と分けて
          乗りながら換えるという事もできます。

          レーサーでは当たり前の機構が街乗りにも使えるのは技術の進歩やね。

          ほかにもOPでトラクションコントロール機能
          A/Fセンサーを付ければ、走行状態から自動でマップを作るセルフマップ機能
          があったりと、必要な機能も充実してます。


          あとは、これ↓

          本体の文字が光っています。こういうギミック好きやわ〜
          見えないところで光ってるのがより良い。


          アメリカ製品やけど、防水カプラーは日本製と拘った作り。
          お世辞にも海外の電装部品(カプラーや配線)は良いとは言い難いし
          こういう拘りは安心して使える



          ミスターも試乗
          新型の隼の進化がすごいって!?そっちかい



          ブレーキディスクはプロトタイプのヨシムラ&サンスターのコラボモデル

          このディスクめっちゃ良い。

          効力の発揮の仕方がワンランク上やね。

          ノーマルマスターだと初期に効きすぎる傾向があったので、ブレンボマスター等と
          併用して、初期のコントロール性上げてやると良いキャリパー要らんかもね!?

          そんなこんなで、本家ブログでうちの紹介をして貰ったので
          ヨシムラ製品のご紹介でした。

          久々のオリジナルパーツ

          2010.09.10 Friday

          0
            やっとこさ、出来上がってきましたよ。


            ’89 GSX−R750RK ’89 GSX−R1100用


            予価 ¥39,900−(税込)

            最近流行りのクロモリシャフト

            10年程前には、8耐のマシン用によく作っていましたねぇ。

            画像はサンプルですが、ほぼ製品化できております。

            もちろん全切削・研磨仕上げ

            クロモリと言っても種類は結構な数がありまして、その中から適している物を使用しています。

            車体の締結部、3か所(アクスル前後、ピボット)を交換するのが最も効果的ですが、
            まずはフレームが弱い油冷用にピボットから

            締結個所の強度を上げる事により、サスペンションの作動性向上や、外部入力によるたわみを抑制し、
            旋回性の向上効果が得られます。

            チタンアクスルについてはここでは詳しく書けませんが、デメリットがあるのですよ・・・

            GSX-R 25th Anniverasry

            2010.09.02 Thursday

            0
              限定30本で再販決定したそうです。



              詳しくはこちら


              興味ある人も多いのでは??


              9月30日までの申し込みで30本に満たなければ企画自体が
              なくなるみたいなので、欲しい人はお早めに・・・

              嬉しい誤算

              2010.08.31 Tuesday

              0
                当店オリジナルのリア用フローティングディスク


                今回は、JB MAGTANとの組み合わせ


                良い雰囲気醸し出してます。


                インナーローターと、ディスクハブの外径がジャストフィット。

                こういうのは気持ち良いですね〜

                狙って作った訳ではなく、必然的な数値でこうなりました。



                今回は同じ組み合わせで2台分売れましたが、いずれもSUZUKI以外

                基本はSUZUKIピッチですが、社外ホイールならハブ交換で使用できます。

                装着したいけど・・・って言う人がおられましたら

                お問い合わせ下さい。

                ゲイルスピード

                2010.08.27 Friday

                0
                  拉致監禁から解放されて戻ってきた '89GSX-R1100

                  ACTIVEさんの多大な協力の元、週末のツーリングに間に合わすという
                  強行作業・・・


                  ホイールが軽いというのは、意外なほどメリットがあるのです。

                  一番のメリットはバネ下荷重の軽減

                  これは慣性モーメントの軽減という意味合いが強いのですが、
                  慣性モーメントとは回転する物体に働く質量(重量)で変わる慣性力の事です。
                  これが大きいとホイールは回りにくく、止まりにくい物になります。
                  同じ車両でも、軽量ホイール装着車と比べてノーマルホイール装着車は、
                  走り始めが重たく、走り出すと慣性力が強い為止まりにくくなるのです。

                  切り返し等で軽く感じられるのもこの要因に基づきます。(ジャイロ効果も関係します)



                  特にこの年代のバイクは純正ホイールがほんまに重たい


                  問題のリア

                  '89 R1100だけ寸法が違うのです。

                  今のところ、ACTIVEさんではラインナップに乗せるかは決まっていません。

                  タイヤは170サイズ限定になります。

                  が、しかし・・・

                  今すぐ欲しい方はご相談下さい。

                  通販でも販売可能です。


                  また、どうしても180サイズを履かしたい人は、現車持ち込みワンオフ対応になりますが可能です。


                  オーナーさんから、帰宅直後にお電話頂きました。

                  『ハンドリングめっちゃ軽いんですけど・・・こんなに変わるなんて・・・』


                  そうなんですよ、軽量ホイールなんか自分には分からんしとか思ってる

                  そこのあなた

                  目からうろこが落ちまっせ。






                  目からうろこなんて落ちたら、それこそびっくりワン!!

                  ドナドナ〜ド〜ナ

                  2010.08.20 Friday

                  0
                    ACTIVEさんちのゲイルスピード

                    油冷用の適合ができたのはちょいと前にお伝えしましたが

                    担当者の先走りで、STDホイールサイズの違う’89まで適応にしてしまったんですねぇ〜(よくある話)

                    で、先日ひょんな事から担当者とその話になり えぇ〜・そうなのぉ〜って A社のK松氏・・・

                    ちゃんと調べんかい!!

                    ちょうど、うちのお客さんが欲しがってるから、車両貸し出ししよかということで




                    愛知県に拉致監禁されに旅立たれました。



                    この猛暑の中積み込んでタイダウン掛けるだけでも滝の様な汗が・・・

                    担当者におねだりしてスポエネ一気飲み、で、腹タプタプ。。。



                    どのみち、うちでも測らなあかんし手間省けて良いか!


                    オーナーさんは、世界で一番最初にメーカー認定でゲイルを付ける人になったとさ(’89 R1100)

                    旧車バンザイ

                    2010.08.05 Thursday

                    0
                      ゲイルスピードから新製品

                      未だ、人気が衰えない
                      Z&GSX1100S用のR4.50サイズが新たにラインナップ


                      刀用は、スイングアームの交換は必要ありません。


                      最近は旧いモデルでも、人気モデルはアフターパーツが出てきますね。

                      うちも、新たに商品ラインナップを増やそうと、ここしばらく設計に没頭しています。

                      まだプロトタイプも上っていない状況ですので、詳細はしばらくお待ちください。


                      もちろん、油冷用パーツでっせ。