旧車バンザイ

2010.08.05 Thursday

0
    ゲイルスピードから新製品

    未だ、人気が衰えない
    Z&GSX1100S用のR4.50サイズが新たにラインナップ


    刀用は、スイングアームの交換は必要ありません。


    最近は旧いモデルでも、人気モデルはアフターパーツが出てきますね。

    うちも、新たに商品ラインナップを増やそうと、ここしばらく設計に没頭しています。

    まだプロトタイプも上っていない状況ですので、詳細はしばらくお待ちください。


    もちろん、油冷用パーツでっせ。

    これは良いかも!!

    2010.06.10 Thursday

    0
      言わずと知れたケミカル屋さん

      はい、WAKO’Sさん

      6月1日に新発売になったチェーンルブ



      CHL チェーンルブ

      販売価格 1,680円(本体価格1,600円)/1本

      なにが変わったかと言うと、

      今までは、チェーンルブと言えば白色が定番でしたが


      早速、グリスアップしてみました。

      無色透明なんですわ。

      今までも透明の物はあるにはあったのですが、飛び散りが酷かったり
      シールチェーンには向かなかったり。

      飛び散りも少なく、スプロケに古いグリスが固まらないという
      見た目も気になる人には、絶対お勧めです。

      で、うちでも車検整備時に使う事に決定しました。

      ただ、まだホワイトルブが若干残っているので、無くなり次第になりますが・・・

      在庫はありますので、こっちの方がいいやんって方は買って下さい(爆)

      どない??

      2010.04.12 Monday

      0
        SUZUKI Bandit1250F



        顔面K5のR1000ですやん

        詳細は、こちら

        いやはや・・・

        ・・・

        ・・・

        DIDチェーン

        2010.03.16 Tuesday

        0
          ブログのネタは色々あるのですが、ちょっとバタバタしてまして更新怠ってますね。


          今日は、新商品の紹介



          DIDから、今までのZVMシリーズに新作登場

          まだ本家のHPには紹介すらされていません

          ZVM−Xといかにも良さそうなネーミング

          耐久性UPと、シールの保持力もUPした現時点で最強チェーン
          値段もちょこっと下がってます

          もちろん、合わせるのは去年の夏にモデルチェンジしたAFAMのXAMスプロケでっせ

          今までのハードアルマイトより、より強度UP&潤滑性UP


          実は、この写真A社のビリー君がわざわざ撮ってくれました。

          春先は消耗品交換が多いので、シーズンインの前に是非交換を・・・

          新製品紹介

          2010.02.19 Friday

          0
            2010 春 新作モデル

            BT-023 SPORTS TOURING



            スペック等はコチラ

            ツーリング&スポーツ、相反する2つの性能を磨き上げ、今、生まれ変わる。

            •ツーリングタイヤに求められる摩耗ライフやウェット性能の飛躍的なレベルアップを実現。
            同時に優れた運動性能を備えた、進化したNEWスポーツツーリングタイヤ。

            •ツアラーやネイキッドなど様々な車種、また中型から大型の排気量まで対応する幅広いサイズラインナップ。
            重量車用にはオプショナルスペック(GTスペック)を設定

            ハイスペックラジアルは必要ないというユーザー様向けのタイヤで、ロングライフ(特にフロントの耐摩耗性が向上)のスポーツタイヤです。

            気になる方はぜひお問い合わせください



            もう一発!



            ついに、あのM7Rが正式リリースです。

            名称:Genesi(ジェネシ)イタリア語で『創世記』っていう意味

            M10Rでこれ以上の性能は発揮できないとか言われていましたが、やっぱり進化するもんですね。

            数年前からごく僅かなチームでテスト使用されてきましたが、若干デザインは変わったようです。


            驚くのはまだ早い

            なんとお値段¥735.000-もするのにスプロケ別売りって


            いやはや、お得感が一切ない超高級品です。

            欲しい方にしか興味のない情報ですいません・・・

            新製品情報

            2010.01.21 Thursday

            0
              今日は、各社の新製品情報です。


              ヨシムラから



              Z1/2 ストレートサイクロン RS-VINTEGE

              ステンレス製 マットブラック塗装仕上げ ¥123.900-(税込)

              ステンレス製 スーパーポリッシュ仕上げ ¥123.900-(税込)

              受注生産



              アルミ削り出し ハンドルバーエンド

              ハンドルバーエンドSET for GSX-R ¥3.780-(税込)

              GSX-R1000/750/600 GSX1300R隼 ボルトオン
              その他M6ボルトで装着されている車種に対応

              残念ながら、こちらはWEB限定ということですので直接HPへ



              ACTIVEから


              GALE SPEED アルミ鍛造ホイールにGSX-R油冷シリーズ用がラインナップ

              GSX-R1100 '89~'92モデル  TYPE-C/R  ¥155.400〜¥218.400 (税込)

              年明けに聞いていたんですけど、もう新製品情報に上がってました。

              これは安価で軽量化できるしいいかもね。

              デザインの好みの問題はあるでしょうが・・・



              廃番決定

              2009.12.21 Monday

              0
                ブレンボのレーシングローターt=5mmタイプが廃番決定したみたいです悲しい

                いや、厳密に言うと既に廃番になってます。

                が、しかし、最終で受注生産するとの事で発注してもうた・・・

                今後はHPKに移行する、しかし、旧車の設定はなしショック

                ついにアフターパーツまでも廃番





                残るところ、2セットのみです。

                GRX-R750(油冷は'88~'91水冷は'92~'95)及び1100(油冷は'89~'92水冷は'93~'98)に対応

                サイズはノーマルと同じφ310

                ステンレスアウター

                1台分 ¥94.500-(税込)



                ちなみに、リプレイス用のアウターはしばらく継続販売するということです。

                鋳鉄使っている方は、しばらくは安心できますな。

                インナーもクリアランスが広がる前に、フローティングピンと一緒に交換して下さい。


                ノーマルNISSINキャリパーでも、ラジアルマスターに交換しパッドを入れ換えれば
                ブレンボフィーリングが味わえます。

                そりゃ、べストはレーシングキャリパーとの組み合わせですが・・・

                泣いても笑っても、入手するラストチャンス!!

                お早めに〜

                拘りすぎ!?

                2009.11.13 Friday

                0
                  他の作業で手つかずだったR1100セミレストア

                  今日は、F周りが完成

                  で、劣化したブレーキホースを既製品のメッシュへ

                  某メーカーさんの専用品


                  これはないよ・・・

                  ホースが邪魔でボルト抜けへんし


                  メーカーの担当者に無理言って、ストレートのフィッティングに換えて貰いました

                  どうみても、こっちの方が自然やし

                  今までそういった問い合わせはなかったそう・・・誰も不思議に思わんのかな?


                  ホース類のワンオフも可能ですよ。

                  3本タイプで作る事が多いです。結構なコストは掛かりますが

                  やっぱり現車合わせで作るのが一番しっくりきます。




                  こちらも、3本で取りまわすタイプ(フィッティングはカシメタイプ)

                  イージーオーダーという形で長さを指定してメーカーさんに発注します。

                  が、どうしても多少の誤差が生じるので、微妙に長くなる傾向にありますが

                  短すぎてフォークが伸びきった時に抜けるよりはまし。

                  冬仕度

                  2009.11.07 Saturday

                  0
                    今日の日中は暖かかったですなぁ〜

                    先日の寒さが嘘みたい。しかし日が暮れるとやっぱり季節は着実に冬に向かってます。

                    寒暖の差が激しくなると必ず結露して、バイクには厄介な水分との戦いです。

                    もうぼちぼちオフシーズンでバイクに乗らなくなる季節ですが、これだけは注意ですぞ。

                    長期乗らない場合の保管方法

                    バッテリーは外して屋内へ

                    キャブのガソリンは抜き、タンクは満タンにしても

                    上面には空気溜まりができるので、燃料系統に防錆効果がある添加剤をタンクに注入

                    アルミタンクはそうそう錆びないのでそこまでしなくてもOK


                    お勧めはフューエル1

                    当店取り扱いあります。

                    後は、スタンドでタイヤを浮かす


                    もちろんスタンドは、J-TRIP製ね Mさんすんません画像パクリました


                    究極は、フレームスタンドでサスの加重を抜くやけど、ここまではなかなかできないですね。

                    特にタンクを錆びさすのとキャブを腐らす(ガソリンは腐りますよ)と厄介です。

                    春先にエンジン掛からなくなります。

                    FI車でも、タンクの錆は厄介ですので要注意です。



                    これからタンクの洗浄

                    このタンクは、上面の錆びが取り切れてなかったようでキャブに錆びが回ってオーバーフローを起こしていました。


                    オマケ


                    翼をください・・・

                    コーティング

                    2009.10.29 Thursday

                    0
                      今日は、まだ開発段階中のコーティングの施工に某メーカーさんお二人がやってきました。

                      オーナーさんの協力を得て、一番厄介な白いホイールに施工



                      塗装と同じで、下地処理が重要との事で、これまた特殊な洗浄液(手前の青い液体)で入念に作業

                      ちなみに、弱アルカリ性で塗膜や素材への攻撃性は少ないそうです。

                      施工完了後



                      なかなか良いんでないかい

                      問題は持続性やね。

                      ブレーキダストやピッチ等の掃除のし易さもクリアせんといかんしね

                      オーナーさんにテストしてもらって、また報告します

                      来春、商品化予定なので、タイヤ交換時に隅々まで施工するのがベストやね。

                      気になる人は要チェックですよ。