オイル下がり

2010.08.29 Sunday

0
    白煙が出るとの事で入庫したGSX1400

    距離は27000Km

    GSX1400は純正でメッキシリンダーなので、そうそうクリアランスは広がらない。

    やはりヘッドに要因が・・・



    オイリーですなぁ


    燃え切らなかったであろうオイルがカーボンに


    INバルブがこのありさまです


    ここまで洗浄するのにも結構な労力です。

    バルブステムのクリアランスが広いのと、過去にオーバーヒートさせたらしく
    ステムシールが硬化していました。

    念の為、ピストンリングも交換。

    ちょいとした不注意で、修理代がかさむ事もありますので

    オイル管理と、アイドリング放置など要注意ですよ。




    先日図面書いた、ホイールカラーの製作


    前後のサイドカラー製作だけで丸一日掛かりました。


    別アングルで

    隣の丸棒から削り出すので、単にホイールカラーと言っても
    複雑な形状だとほとんどが削りカスになってしまいます。

    あとはいつものハードアルマイト処理へ

    休み明けから

    2010.08.17 Tuesday

    0
      みなさんお盆休みはいかがお過ごしでしたか??

      はい、ツーリング企画するも台風直撃とかになってしまうのも、

      レインマイスターの称号をもつRC45乗りのM井君のお陰です(笑)

      彼が帰省している京都では、朝4時に豪雨に見舞われましたが

      2日続けてお山に行き、1日目は所々濡れている路面

      2日目は、雲の中・・・

      合間を縫って走り込み、流石に2日目は腕が上がってしまうへなちょこライダーの店主です。



      そんなこんなで、休み前に受けた仕事をこなすのに、二人とも必死こいております。


      私はと言うと・・・

      最近多いホイールの組み替え依頼

      都度、寸法計測してカラー類を作成して対応



      CBR1100XXにGSX−R1000用を履かせたいと・・・

      フロントは割合スムーズに装着できそうです。

      キャリパーサポートは作り直しですが・・・


      Rはというと、チェーンラインやホイールセンターの問題があるので
      そうそう簡単にはいきません。

      なので、組立図を図面化

      この方法が一番確実です。



      しかし、量販店でタイヤ剥ぐって貰ったみたいで新品に近いホイールがこのありさま・・・


      ミスターはというと

      各部整備依頼のGPZ900R (kawasakiももちろんやりますよ)


      プラグホールが水没です

      ニンジャ系エンジンにありがちなトラブル

      水抜き穴が開いていないので、酷いと一番側にこの様に水が溜まります。

      前にも書きましたが、バイクをジャブジャブと水洗いするとこういうトラブルに

      陥る事が多いので、気を付けて下され。



      キャブもこの通り・・・

      メインジェットまで詰まりかけています・・・

      ただ、オーナーさんの強い思いがあるので完全復活させます。

      その他諸々不具合ありますが、オーナーさんの気持ちに応えるよう

      気合い入れて組み上げます。


      鈴鹿へ

      2010.07.24 Saturday

      0
        昨日は、急遽鈴鹿へ

        とは言いつつ、レーサーらしきバイクは見てません。

        ピットにはいましたが・・・

        なんやらかんやらで、気が付けば8時

        久々に、亀八で飯食って帰宅。

        しかし暑かった。

        現地に行かれてる方は、熱中症対策に抜かりないよう耐久してきて下さい。






        先日から、手直し作業中のZEPHYR 他店のですよ
        またまた、やっつけ作業の果てに・・・


        刃物が悪いのか、ザラザラ

        こんな状態では、圧入交差や真円度も直角度もありゃしない。

        完全な手抜き作業ですな。

        これ見て、思い当たる節があるボーリング屋さん

        心が痛みまへんか??




        ライナーはオイルでべったり

        本来は↓

        こうでなくては!!

        ライナー作り直しで、デッキ面の問題もクリア

        もうしばらく掛かりそうです。

        タンク加工

        2010.07.10 Saturday

        0
          今日は、久々に晴れた週末だったので来客が多くて賑わってました。

          ご来店ありがとうございました。



          今宵も業務日誌的な内容

          ちょいと前に書いたタンクに穴開いたR400

          オーナーさんが、デッドストックの新品未使用タンクを持ち込まれましてね。

          それに、レーサーのキャップが付くように加工

          そんなパーツに加工入れるのは緊張しますがな・・・


          ノーマル状態


          と、言いながら惜しげもなくがっつりカット。隣が作ったベースリング


          溶接後、圧検して完成


          雰囲気ありますなぁ〜

          後は、トルネードカラーに仕上げれば、いよいよ完成!!


          当時のスズキのレーサーにはこの樹脂のブリーザーキャップが多用されていました。
          Sマークも入っていてマニアには受ける事まちがいなし!?

          ガンマとかGSX-Rのレーサーにもこれ使ってましたね。



          そんなこんなで当店では只今HY戦争が勃発しております(笑)


          NC35とR1じゃぁありまへん・・・

          こないだの・・・

          2010.07.09 Friday

          0
            フライス用の冶具は未だ放置プレーで・・・

            そんな事は、なかった事にしようとしてる店主です。



            ほいでもって、週末までに納めるべく作業を・・・

            V4の持病ともいえるレギュレーターのパンク

            元々レギュレーター(レクチファイアー)は余剰電圧を熱交換してバッテリーに
            負荷が掛かり過ぎないようにしているパーツで
            Rバンクの熱が後方に溜まるV型エンジンにはありがちなトラブル。


            元の端子は黒く焼けています。

            最近の車種用の大きいタイプの端子に交換して対策

            バッテリーも同サイズで少し容量の大きいタイプに交換。

            このパーツ、メーカーさんでも根本的な対策はなされていなく、ほとんど進化して
            いないと言っても過言じゃぁありまへん。

            で、もってよくトラブルパーツ。なんとかなりまへんか!?



            配線の取り回しに若干苦労しましたが、なんとか装着完了。

            もう少し外気に近い所に設置したいですが、致し方ない。

            電圧も安定しているので、しばらくは大丈夫でしょう。





            ヘッドのオイル漏れ&足回りカスタムで入庫したZEPHYR550


            むむっ?

            完全に一コマズレテマスガ・・・・


            Oリング噛みこんでます。


            極めつけはスリーブとデッキ面が出ていまへんがな・・・

            ヘッド面は、面研されていてこれ以上削れません。

            解決策はありますがコスト掛かりますなぁ〜



            その他にも多々問題個所が・・・


            こりゃ、やり甲斐がありますヨ。

            くじける事も多々・・・

            2010.07.05 Monday

            0
              今日もブログ更新できず・・・ 一応更新してますが

              フライス作業の冶具を製作していたのですが、くじけました。

              帰ります・・・


              そんな事も多々ありますねん。



              いろいろネタはあるのですがね

              今シーズン、お初!!

              2010.06.27 Sunday

              0
                いやぁ〜、今日は暑かった〜

                工場のエアコン、今シーズン初稼働!!

                梅雨のジメジメと経費節約との葛藤に負けました。

                暑過ぎて効率悪いよりかマシ・・・と言い聞かせ・・・ポチっとな


                そんな中、二人揃って作りモノ

                わては、ブレンボ用のカップステー製作


                限りなく小さく作ってみました。



                FZ750の足回りが完成

                オーナーさんこだわりのM3Rマルケ

                Fはドゥカティ用





                こちらは、FZ用ホイールカラーもちろん表面処理以外すべて内製

                この形になるまでに、センター採寸、設計、図面化、丸棒から削り出し、表面処理

                と、カラー一つとっても結構時間掛かりますねん。

                最近ハードアルマイトの単価が上ってます。

                かと言って普通の処理だと表面硬度が弱い・・・

                う〜んコストは掛かりますが、ハードアルマイト推奨です。



                このFZ、XJR1300用フォーク使用

                に、普通ならXJR用のフェンダーを付ける。

                オーナーさんが、どうしてもこれが付けたいと持ち込まれたフェンダー

                形状から察するに、YZF-R6用

                取り付け部全く違います(泣)


                ミスターが担当

                あ〜、う〜、どうしましょう?

                考えてみ・・・放置プレー気味で

                数分後

                ここはこうで、あぁして、こうして、でいこうと思います。

                どうですかね

                最近は、スムーズに物事考えられるようになっちょります。

                なので、GO!


                前はステー製作&フェンダー穴加工してクリアー



                後ろは穴位置ずらす為に、ドライカーボンの板で延長


                付いてしまうと、なんてことはないのですが結構大変でっせ。

                同じメーカーのパーツなので、装着後の違和感がほぼないのがGOOD!!



                蔵出し

                2010.06.25 Friday

                0
                  ちょっと前に廃番になった、ブレンボレーシングディスク


                  今回、Fブレーキシステム一新フルブレンボだす

                  このローター良いんやけどなぁ・・・廃番って・・・

                  パッドを高効率の物に換えるのはみな分かっていると思いますが、
                  摩材であるディスクもかなり効果があるのですよ。

                  キャストキャリパーでも、かなり良い効き&フィーリングが味わえます。

                  これに+α、削りキャリパーでさらにグッド。

                  それ以上はラージキャリパー&6mmローターでっせ。

                  油冷機用、あと数セット在庫あります。





                  先日紹介した、トライアンフのコアガード完成です。

                  カラーのアルマイトが上がってきたので早速組み付け


                  嫁さんが、これ見て『それっぽいやん』って・・・

                  どあほ、これで飯食わして貰ってるんやと・・・


                  これは、タンクバッグ用のステー


                  樹脂タンクなのでマグネットタイプは付かへんし
                  トライアンフ用のアタッチメントの設定はなし・・・
                  ベースリングを作って溶接して取り付け可能に。


                  こういったご要望にも出来るだけお応えします。


                  先日、紹介したチェーンルブ使ってみました。

                  これで、しっかり塗ってあります。

                  いいんやないでしょうか!!



                  チェーン洗浄&給油する為に、トライアンフ用スタンドアタッチメントを製作しました。
                  上のはHONDA車用です

                  はい、もちろん請求対象外ですよ。

                  これでいつでもOKです。←何が・・・

                  また使う事がありますように・・・


                  ありゃりゃ〜

                  2010.06.17 Thursday

                  0
                    梅雨入りしたというのに、昨日・今日の暑さはなんなんでしょうな?

                    でも、明日から向こう一週間は雨の予報が





                    後は、外装のペイントで作業


                    終わるはずが・・・



                    終わるはずが・・・


                    終わるはずが・・・





                    あっ、穴が・・・

                    古いバイク触ってると、ありますよ、こういう事

                    入庫してから、随分と経ちますがなんでいまさら

                    この際、思い切ってアルミタンクに変更ですな Hさん (爆)




                    おそらく、錆が目詰まりして持ちこたえていたと思われます。

                    最初はじわっと、爪でカリカリやったら、ピュ〜っとガソリン出てきましたよ。

                    乗ってる時じゃなくて良かったと言えば、よかったんやね。








                    伊丹さん

                    無事に帰国したとメールがありました。

                    すごい長い1カ月だったんでしょう。かなり充実したと思われます。

                    ひとまず、おつかれさんでした。

                    まちがい探し

                    2010.06.13 Sunday

                    0
                      やっと梅雨入りしましたなぁ〜

                      例年よりも2週間近く遅いみたい、明けるのもやっぱり遅いんやろうなぁ・・・


                      夏場に向けて、冷却系のメンテが増えてます。

                      まずは、レーサーのYZF-R6

                      走行直後に、水温100度を超えてしまうのでなんとかなりませんかと

                      ヤマハ系で水温シビアとか聞いた事ないので、他に原因があるのでは?

                      中古で購入されて、前オーナーがやらかしたであろう問題の解決



                      やっぱり!!

                      ホースがマフラーと干渉

                      断熱材巻いてあるけれど、根本的に年式違いの部品でした・・・




                      ジョイントパイプも純正の鉄から、アルミ製へ変更


                      これでもダメならサブラジエター追加ですね。




                      もういっちょ

                      キャブセッティングで入庫したGSXR750RR


                      タンクから抜いたガソリンに大量の錆・・・


                      意外と気づかない、上面の錆

                      走行中の振動で、ポロポロ落ちます。


                      コックも御覧のとおり


                      1週間かけて、きっちり洗浄させて頂きました。

                      錆がキャブ内に回り、各部を詰まらせて不調の原因に


                      高性能パーツを生かすも殺すも車体次第です。

                      まずは、しっかりメンテした状態で。そこからでっせ〜